千葉のお土産・名産を扱う仕事に転職

千葉のお土産・名産といえば全国第1位の生産量を誇る落花生が有名です。

県の作付面積だけで全国の7割を占めており、主に八街・東金・富里といった県東部で生産されています。

落花生を使った加工品は、味噌ピーナッツやピーナッツバター、ピーナッツクリームやクリームを使ったケーキなどの洋菓子類、甘納豆やピーナッツせんべいなど多くの種類があります。

また、変わったところでは、最近人気がでてきましたが、掘りたての新鮮な落花生からしか作れない産地ならではの「茹で落花生」もあります。

枝豆みたいな食感で、塩を振ればお酒のおつまみやおやつにも最適です。

さらに、県の南部に行けば、海の幸を使った漁師料理の「なめろう」や鯛せんべい、全国2位の生産量の房州枇杷が有名です。

また成田山新勝寺が有名な成田では参拝の定番土産として鉄砲漬けが根強い人気です。

このように様々なお土産品がありますので、もし興味があるならこういった名産品を扱うビジネスに転職してみてはどうでしょうか。